2015年12月23日

小豆の成長記録&あんこづくり

今年、試行的に小豆を6粒ほどまきました。予備知識もなく、はじめはかなり放任状態だったのですが、マメ科はやせた土地でも強い!想像以上にしっかり育ってくれました。

8/4
azuki (1).JPG

9/20開花の様子。美しい!
azuki (2).JPG azuki (3).JPG

10/21
azuki (4).JPG azuki (5).JPG

10/28収穫。サヤから出てきた小豆がとっても可愛らしい。
azuki (6).JPG azuki (7).JPG azuki (8).JPG

虫食いやカビにより、廃棄したものも多かったですが、それでも100倍近くの量が収穫できたと思います。

   *   *   *

話は変わって、12/20(日)におもちつきのイベントを行いました。・・・実施報告
それに先立って、当日使うあんこを手づくりしてみました。材料の小豆は、収穫物では全量まかなうまでは至らなかったので、北海道産のものを購入しました。
anko (1).JPG

小豆ははじめに3〜4倍の水を入れて沸騰させ、アク抜きをします。煮こぼしたら、再度3〜4倍の水を入れ、沸騰したら弱火で1時間は煮ます。ちなみに、小豆は粒が小さいこともあり、浸水させずにいきなり煮ても大丈夫です。

砂糖を入れ、あとは粒をお好みでつぶしながら(練りながら)煮詰めます。この練っていく作業が、結構ハマります。好みの固さになったら、仕上げに塩をひとつまみ入れて完成!
anko (2).JPG

12/20おもちつきイベントで、おいしくいただきました。
anko (3).JPG anko (4).JPG

あんこ炊きは、時間はそれなりにかかりますが、作り方はシンプルです。こだわればいろんなやり方があるのでしょうが、大きな失敗は無いと思います。失敗するとしたら、油断して鍋底を焦がすくらいでしょうか。
自分で作るあんこは、やっぱり美味しい。手前味噌ならぬ、手前あんこ。作ったことのない方は、ぜひチャレンジしてみてください。

自分で育てた小豆を使ったら、また一味違ってくるだろうな・・・楽しみは尽きません。
posted by サティ at 00:06| 日記

2015年12月10日

森林再生ボランティアに参加してきました

12/8(火)、知人の紹介で、千葉県山武市にある放置林の再生活動に参加してきました。
hyuuga5.jpg

この日の作業は以下のとおり。

<AM>
・間伐作業(枯木、細木の伐倒。冬は樹木が水をあまり吸わないので、間伐の適期)
・玉切り(運搬のため、一定の長さに切る)
・間伐材の搬出(ペレット資材として活用してくれる業者のヤードへ運搬)
hyuuga.jpg
hyuuga4.jpg
hyuuga2.jpg

<PM>
・スギの枝打ち(3年前に植林したもの)
hyuuga3.jpg


森の手入れには、やはりマンパワーが必要だと痛感。
材を運ぶのに普段使わない筋肉を使ったので、翌日はあちこち筋肉痛でした。
ノコギリで切っていたら、もっと悲惨だったでしょう・・・
広い面積を対象とする場合は、チェーンソーは必須です。

   *   *   *

今回のフィールドでは、植林したスギが溝腐れ病にかかってしまい、建材としての利用はかなり難しいそうです。一方、山武市では、山林の荒廃を少しでも防ごうと、間伐材をペレット化する事業が動き始めているとのこと。
これからの森林管理を考える上では、バイオマス活用の視点は欠かせないと再認識しました。

ちなみに、ペレット化には粉砕、乾燥、圧縮といったプロセスで動力が必要なので、まちやまのフィールドでは、シンプルに薪として利用するのが一番だと思っています。

いつもと異なるフィールドに来ると、いろいろと比較ができて良いですね。
本格的な現場や、地域の実情に触れることができ、学びの多い一日でした。
posted by サティ at 18:28| 日記

2015年12月04日

まちやま産大豆で、ざる豆腐づくり

12月2日、アクティブシニアの方々が小山田を訪ねて来てくれました。
私が昨年まで事務局長を務めていた、NPO法人神奈川シニア自然大学校のOB・OGの方々です。

皆さんには、11/15「まちやまひろば」で実施した【ざる豆腐づくり】を体験してもらいました。
nisui (1).JPG
nisui.JPG

豆腐づくりの間、手が空いた男性陣には、薪作りをしてもらいました。
中には北海道で冬の間に消費する薪を毎年作っていた方もいて、薪を割る姿のきれいなこと!あっという間に手際よく薪を作ってくれました。
暮らしの中で身に着いたものは、やはり本物ですね。
nisui (2).JPG
nisui (3).JPG

割ってもらった薪でご飯と汁物を用意して、豆腐と一緒にいただきました。
nisui (5).JPG
nisui (4).JPG

できたての豆腐は、ふわっとした食感がたまらないです。
ほんのり甘くて、我ながら絶品の出来。
これが自分で育てた大豆からできるんだから、本当に幸せです。

お越しいただいたシニアの皆さん、ありがとうございました!
posted by サティ at 19:53| 日記